武蔵野合唱団 ホームへ

お世話になっている先生方

山田和樹 松井慶太 秋吉邦子 佐藤洋人 雲野茉里 高橋美佐


■山田和樹 Kazuki Yamada (指揮)

kazuki yamada 山田和樹 指揮者1979年神奈川県生まれ。東京藝術大学指揮科卒業。指揮法を松尾葉子・小林研一郎の両氏に師事。2009年第51回ブザンソン国際指揮者コンクールに優勝、併せて聴衆賞も獲得。ただちにモントルー=ヴィヴェイ音楽祭にてBBC交響楽団を指揮してヨーロッパデビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮、すぐに再演が決定する。
 2010年には、小澤征爾氏の推薦により、サイトウ・キネン・オーケストラを指揮、好評を博す。
 これまでに、NHK交響楽団をはじめとする日本国内主要オーケストラ、BBC交響楽団、パリ管弦楽団、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団などへ客演。
 2012年には、サイトウ・キネン・フェスティヴァル松本にて小澤征爾氏の代役としてオネゲル作曲「火刑台上のジャンヌ・ダルク」を、サントリー芸術財団サマーフェスティヴァルではクセナキス作曲「オレステイア三部作」を続けて指揮、好評を博した。
 2014年には日本・スイス国交樹立150周年記念親善大使として、スイス・ロマンド管弦楽団を率いて日本ツアーを行い、大成功を納めた。
 横浜文化賞文化・芸術奨励賞、出光音楽賞、渡邊暁雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞受賞。
 現在、スイス・ロマンド管弦楽団首席客演指揮者、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、横浜シンフォニエッタ音楽監督、仙台フィルハーモニー管弦楽団ミュージック・パートナー、オーケストラ・アンサンブル金沢ミュージック・パートナー、東京混声合唱団音楽監督、下田市民文化会館名誉館長。ベルリン在住。
武蔵野合唱団とは1998年に、マーラーの「千人の交響曲」(日本フィル第500回定期演奏会 指揮:小林研一郎)の合唱指導者として出会って以来、これまでに
1999年、武蔵野合唱団第34回定期(荻久保和明「縄文」)
2001年、当団&TOMATOフィルハーモニック管弦楽団ジョイントコンサート(チャイコフスキー大序曲「1812年」/ベートーヴェン「第九」)
2004年、当団創立50周年プレイベント“夢”コンサート(三木稔「レクイエム」ほか)
2006年、宗左近「縄文」コンサート
2007年、第40回定期(高田三郎「水のいのち」/荻久保和明「縄文」)
同年、第41回定期(ショスタコーヴィチ「森の歌」/ヤナーチェク「グラゴル・ミサ」管弦楽:日本フィル)
2008年、当団特別演奏会(上田真樹「夢の意味」/モーツァルト「レクイエム」管弦楽:横浜シンフォニエッタ)
2011年、当団東日本大震災復興支援ガラ・コンサート〜絆〜(モーツァルト「レクイエム」)
同年、第44回定期(フォーレ 「レクイエム」管弦楽:横浜シンフォニエッタ)
2014年、第47回定期(三善晃「唱歌の四季」/メンデルスゾーン「讃歌」管弦楽:スイス・ロマンド管弦楽団)等で共演。

 

■松井慶太 Keita Matsui (指揮)

Keita Matsui 松井慶太 指揮者1984 年、青森県出身。東京音楽大学指揮科卒業。指揮を広上淳一、汐澤安彦、ピアノを島田玲子、宮原節子、オーボエを安原理喜、音楽理論を久田典子の各氏に師事。2006年には韓国で行われたAsia Philharmonic Orchestraに参加し、指揮をチョン・ミョンフン氏に師事。2009年、第15回東京国際音楽コンクール指揮部門入選。ハンガリーにて、Duna Symphony Orchesterを、チェコにて、プラハ交響楽団室内オーケストラを指揮し好評を博す。国内ではこれまでに、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラアンサンブル金沢、京都市交響楽団、群馬交響楽団、セントラル愛知交響楽団、山形交響楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団等、全国の主要オーケストラを指揮。東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンス。また、NHK交響楽団定期演奏会(シャルル・デュトワ指揮:ストラヴィンスキー「エディプス王」、ヤナーチェク「グラゴル・ミサ曲」、ブリテン「戦争レクイエム」、マーラー「一千人の交響曲」合唱:東京混声合唱団)」東京混声合唱団) の合唱指揮者として公演を成功に導いた。
武蔵野合唱団とは
2011年、第44回定期「谷川俊太郎の詩による合唱曲集」
2013年第46回定期「水のいのち」管弦楽版、ブルックナー「ミサ曲第3番」
同年、横手フィルハーモニー管弦楽団第6回定期演奏会「大いなる秋田」、「カルミナ・ブラーナ」等で共演。

 

■秋吉邦子 Kuniko Akiyoshi (合唱指揮者/ヴォイストレーナー)

秋吉邦子 合唱指揮者/ヴォイストレーナー1992年東京オペラ・インスティテュート研究科修了。
91年9月東京オペラ・プロデュ-ス公演「ビバ!ラ・マンマ」のルイジアでオペラデビュー。92年ロッシーニ「オテロ」エミーリアを好演、安定感を加えた。 93年「ロメオとジュリエット」(日本初演)ステファノ、94年公演でも同役、95年と98年「ベアトリースとベネディクト」エロー、96年と98年ワーグナー「恋はご法度」修道女マリアーナ、 97年「ロメオとジュリエット」ジュリエットを演じ、好評を得た。同年6月と99年4月「ハムレット」オフィーリアを好演。2000年・2002年「無口な女」アミンタを演じる。2004年J・オッフェンバック「天国と地獄(地獄のオルフェ)」のキュピドン役を好演。
ソロ活動では、94年1月と6月に東京と岡山でリサイタルを成功させている。99年2月大阪フェスティバルホールでの「朝日名曲コンサート」に出演、関西デビューを果たす。「第九」をはじめモーツァルト、フォーレの「レクイエム」、マーラー「一千人の交響曲」のソリストとして出演。2012年より、チャンバロ奏者の渡邊温子氏とのコラボレーションによるコンサート「ドラマチックバロック!」(東京オペラシティ 近江楽堂)を開催している。98年度村松賞受賞。

 

■佐藤洋人 Hiroto Satou(合唱指揮)

佐藤洋人東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。これまでに指揮法を森垣桂一氏に、声楽を青木美稚子、大島博の各氏に師事。大学在学時より栗山文昭氏のもとで合唱音楽について研鑽を積む。2009年World Youth Choir日本代表メンバーに選出され、欧州各国でのセッション及びコンサートに出演。Tokyo Cantat2012「第3回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」第1位、ならびにノルウェー奨学賞を受賞。2013年オーストリア・ノルウェーに短期留学し、各地の指揮講習会やノルウェー王立音楽院合唱指揮科で研鑽を積むとともに、Arnold Shönberg Chorのメンバーとしてザルツブルク音楽祭などに出演。
現在、多くの学生・一般合唱団体で指揮者、ヴォイス・アンサンブルトレーナーを務める他、公募合唱団の指導にあたる。21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」会員。

 

■雲野茉里 Mari Unno (ピアニスト)

雲野茉里 ピアニスト国立音楽大学ピアノ専攻卒業。
第6回スガナミピアノコンクールにて最高位受賞。併せてコンチェルト賞受賞。
以後、スガナミ創業130 周年記念ピアノコンチェルト演奏会にて、指揮:荒谷俊治、町田フィルハーモニー交響楽団と共演。
第16回ショパン国際ピアノコンクールin Asia コンチェルトC部門において全国大会銀賞受賞。アジア大会入選。
その他、国内数々のコンクールで入賞。
現在、駒沢とみ子、持田正樹各氏に師事。
武蔵野合唱団とはこれまでに、
2011年、第44回定期「谷川俊太郎の詩による合唱曲集」
2013年、当団特別演奏会「唱歌の四季」「カルミナ・ブラーナ」(室内楽版)等で共演。
町田シティオペラ協会ピアニスト会員。

 

■高橋美佐 Misa Takahashi (ピアニスト)

三枝美佐武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを奈良澪子、宅間紀文、チェンバロを加久間朋子、ホラーク・井上道子、リート伴奏を子安ゆかりの各氏に師事。1999年、PENオリジナル・ソフト・コンテスト優秀賞を受賞。第18回<東京の夏>音楽祭”大人のための音楽のお伽話”(音楽物語演奏と原画展示)、講談の宝井琴梅氏との音楽講談「ベートーヴェン〜月光の曲の由来」や「包丁人味平」シリーズなど、他分野とのコラボレーションにも積極的に取りくんでいる。
小林研一郎氏の信頼を受け、オホーツク国際音楽セミナーや東京藝術大学非常勤講師として、氏のレッスンピアニストを務めたり、第九を初めとする合唱公演に多く関わってきた。
また近年は、親子向けコンサートやイベントへの出演、シルバー世代対象に「童謡の会」を主宰するなど、地域に根ざした活動の場を広げている。
武蔵野合唱団、明声会ピアニスト。越谷市の「(地域の)アーティストとホールの共同企画」メンバー。歌曲アンサンブル研究会会員。公式サイト http://piano-otogibako.com/

プロフィール

 

団員募集 練習日程