武蔵野合唱団 ホームへ

2010年夏合宿

2010年夏合宿
日時 2010年7月2日(金)~7月4日(日)
場所 千葉県岩井海岸 小池荘

2010夏合宿練習風景武蔵野合唱団毎年恒例の夏合宿。
今年は千葉県岩井海岸で行いました。
参加者はなんと約100人!
今年の夏合宿は、8月にモーツァルト「レクイエム」、10月にドヴォルザーク「スタバトマーテル」の演奏会と二つの大曲を練習する必要があり、この機会にしっかり練習しなければという緊張感の中、充実した練習を行うことができました。
また、今回の合宿はこの1年間で新入団員が増えていたことに加えて、久々合宿だったため、武蔵野合唱団の合宿に初めて参加するという人が多い合宿でもありました。
合宿が初めての人は合宿を通して武蔵野合唱団を知り、もともと在籍していた人は合宿を通して新たな仲間を知る。
夏合宿の目的である団員同士の交流という面からも大成功の合宿となりました。
2010夏合宿

宴会で交流

まずは、岩井海岸への移動。
三鷹発の貸切バスに乗りまず乾杯。ここから合宿ははじまるのです。
そして到着したら改めて乾杯!
先入りしているメンバー、貸切バスに間に合わなかったメンバーも集まり皆で乾杯。
通常100人近い人数で練習をしている武蔵野合唱団。
普段の練習では他のパートの人と話をする機会がないという人もたくさんいます。
しかし、合宿はパート、性別、年齢、団歴を超えて全ての団員が思い思いのことを語り合える場所。

お土産を持ってくる人、
お勧めのつまみを持ってくる人、
自家製のお酒を持ってくる人、

皆が色々持ち寄って、お酒と食事を楽しみながら、

演奏してみたい曲の話、
過去の合宿の思い出話、
武蔵野合唱団の今までの歩み、
その他もろもろいろんな話、

普段はなかなか話せないけれど、終電を気にせずゆっくり話せるからこそできる話題で各々が楽しみました。
そして、打ち上げはバーベキュー。最初から最後まで飲んで語って楽しみつくす。これが武蔵野合唱団なのです。
2010夏合宿バーベキュー

演芸大会で交流

団員の交流を深めよう!
ということで演芸大会を行いました。
ちょっとした寸劇を行うわけですが、
限られた時間の中で老若男女全ての人が何をしたら皆が楽しめるかを考えて、
苦心しながら一致団結する。
人前で何かを演じるのは抵抗もありますが、
それぞれができる範囲で色々チャレンジすることにより、
初めて話をして仲良くなることあり、
演技を見て新たな一面を知ることあり、
演技をして自分の新たな一面を知られてしまうことあり、
お互いがより深く知りあうことができました。
こうして武蔵野合唱団は団結力を増して、さらに良いアンサンブルを作っていくのです。
2010夏合宿演芸大会

地引網で交流

2010夏合宿大漁岩井海岸で合宿ということで、有志のメンバーで地引網を行いました。
朝早くの集合だったのにも関わらず、大勢のメンバーが集まりました。
過去なかった取り組みで、楽しみにしていた人も多く、「このために夏合宿に来た」という人もいるほど。
初めての試みということと、天気が不安定ということもあり、どうなるか心配されましたが、蓋を開けたら大成功。大漁でした。
とれた魚はみんなで昼食においしくいただきました。
2010夏合宿地引網

参加者の声

私は入団して初めての合宿に参加しました。
残念ながら合宿のかなり後半から参加することになってしまったのですが、
茶話会や地引網体験、
バーべーキューなど歌以外のお楽しみもあって、
途中参加でも楽しめて、思い出を作れた合宿でした。
特にこの合宿で、参加してよかった!!と思えた部分は、
合宿中に色々な人と話ができたことです。
食事の時、茶話会、地引網体験など、
いつもの練習では接することができない人と、
お話しできる機会がたくさんありました。
武蔵野合唱団のことを教えてもらえたり、
その人がどういうことを思っているか、など話題は様々。
おかげで、大笑いすることもあれば、気付かなかったことに気付かされたり、
自分の考えがちょっと変わったりするようなこともあって、
ただ楽しいだけの合宿ではなく、内面的に良い意味ですごく刺激をもらい、良い意味で裏切られたなぁと感じる合宿だったと思います。
だからこそ、今回の合宿が途中参加となってしまったことは本当に残念でした。
もっといろんな人と関わりたい、という欲求が出てきたあたりで合宿は終わってしまいまいました。
しかも、大いに盛り上がったという演芸大会にも出られませんでした。
なので、次は全日程出席して、合宿の醍醐味を味わいたいですし、今回の合宿とは反対に、ほかの人の刺激になるような人間になっておきたいな、とも思います。どんな形であれ、次が楽しみです。

武蔵野あらかると

 

団員募集 練習日程