武蔵野合唱団 ホームへ

はじめてのクラシック~中学生・高校生のために~

2010年8月18日、19日東京国際フォーラムにて
はじめてのクラシック~中学生・高校生のために~
というコンサートに出演しました。 

このコンサートは、若いうちから設備が整った音楽ホールで、一流の指揮者、一流のオーケストラが作り出す本物の音楽に触れて、クラシックの良さを知ってもらいたいと、作曲家で音楽プロデューサーの三枝成彰先生が2007年から毎年続けてこられたコンサートです。
武蔵野合唱団は過去2008年のベートーベンの第九で出演させて頂いておりましたが、今回はモーツアルトのレクイエムで再び出演のお話を頂きました。武蔵野合唱団が全員で“モツレク” 全曲に取り組むのは実に10数年ぶりの事。新しい団員、古い団員を問わず、全団員が改めて曲に向き合う貴重な機会となりました。

又、今回の演奏会の合唱は、真夏に第九を歌う会の皆さんとの共演ということで、普段一緒に活動していない団体と、数回の合同練習で演奏会に臨むという難しさもありました。しかし、練習を重ねる度に音楽への理解の共有も進み、オケ合わせ、ゲネプロと、徐々に一体感が高まっていきました。そして演奏会本番では、東京交響楽団の皆さん、ソリストの先生方、真夏に第九を歌う会の皆さんと共に、マエストロ小林の魔法のタクトの下、一つの音楽が紡ぎだされ、本当に素晴らしい演奏をすることができました。

当日はコンサート趣旨の狙い通り、ホール内に小学生・中学生等の若い方々の顔も多数見られ、大成功に終わりました。

終演後のレセプションで先生からこんな言葉をいただきました。

「人種も国境も全てを越えて通じ合えるものは音楽だけだ」
「こんな風に音楽ができたら世界中が幸せになれる」

武蔵野合唱団にとってこの演奏会は
音楽を通じることで、人と通じ合う
そして、若い世代に伝えることで時を越えて人と通じ合って広がっていく
そんな音楽の素晴らしさを、表現、体験できた貴重な機会となりました。

 

公演概要

2010年8月18日(水)・19日(木) 14:00開演
東京国際フォーラム ホールA

曲目

モーツァルト:
ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
交響曲 第40番 ト短調 K.550

レクイエム ニ短調 K.626

指揮

小林研一郎

ピアノ

小林亜矢乃

管弦楽

東京交響楽団

独唱

岩下晶子(ソプラノ)
相田麻純(アルト)
樋口達哉(テノール)
青戸 知(バリトン)

合唱

武蔵野合唱団
真夏に第九を歌う会

ご案内役

三枝成彰 「モーツァルトってどんな人?」

武蔵野あらかると

 

団員募集 練習日程